レーザ発振器の選び方

レーザ発振器の選び方

レーザ加工とはレーザ光線のパワーを利用して、金属やプラスチックなどの被加工物を切断したり、穴を開けたり溶接したりすることをいいます。

そのレーザ加工を検討するに際し、重要になってくるのがレーザ発振器です。

レーザ発振器とはレーザを発生させるための装置のことを言いますが、この装置選びに重要なのが波長やパルス幅や出力、発振モードです。

まず波長ですが、波長が短いほど紫外線レーザが強く、波長が長いほど赤外線レーザが強くなります。

そのため波長が短いほど非熱加工のものに向いており、長いほど熱加工に向いていることが分かります。

次にパルス幅ですが、パルス幅が短ければ短いほど熱影響が少なく加工量も少なくなり、逆にパルス幅が長ければ長いほど熱影響と加工量は多くなります。

出力については、出力が高いほど加工速度が向上し製品の大きさも大きくなり、レーザ発振器の価格も高くなります。

最後に発振モードですが、出力値を連続して発振する連続波とパルス状に発振するパルス波があります。

これらをよく理解し、レーザ発振器を検討することが大切です。

レーザの温度は何度?

レーザ発振器は、金属などに穴を開けたり切断することができるので、レーザ光の強さからレーザは温度が高く、熱いのではないかというイメージを私は持っていました。

しかし、レーザ発振器には温度という概念がないようです。

では、どのようにして被加工物を切断したり溶接したりすることができるのでしょうか。

それはレーザの光が金属やプラスチックなどの材料に当たると、レーザの光によるパワーが材料に吸収されることによって加熱されるのです。

ですので、レーザ光自体に熱があるわけではなく材料に当たって初めて熱が発生するという仕組みになっています。

様々なところで使われているレーザ発振器

あたる材料によって加熱される温度が違うので、レーザ光に温度という概念がないのです。

例えば木材を切断するのに必要な温度は470度ですので、レーザ光が材料にあたっている時の温度は470度以上ということになりますが、逆に470度以上になると木材は蒸発してしまいますので、470度以上の温度でないことがわかります。